2009年03月01日

AmaClouderでまったりとAmazon画像閲覧

「買い物は見ているだけでも楽しい」ですよね。

それは、ネットショッピングでも同じこと。

お気に入りの作家や、アーティスト、映画・アニメなどの商品画像を眺めているだけでワクワクします。

とくにAmazonは豊富な商品とそれをアピールする画像が沢山あるので何時間見ていても飽きませんよね。


ただ、ちょっと面倒なのが「クリック回数」が多いこと。


キーワードを入力して商品を検索し、一覧から商品をクリックして詳細を表示して画像を見て、また
一覧に戻って次の商品をクリックして・・・

単調な繰り返しなんですが、もっと簡単に画像だけを楽しみたい!と思いませんか?


そこで、

Amazon専用の画像閲覧サイトを作成しました。


amaclouder_bunner2.gif


「Amazonの豊富な画像をまったりと楽しみたい」という方にオススメです。


使い方は、簡単。

キーワードを入力して検索ボタンをクリックするだけ。
Amazonから検索された画像が画面いっぱいに並べられます。


表示された画像にカーソルを乗せるとポップアップが表示され画像が拡大されます。
さらに、画像をクリックするとポップアップが固定され、複数の画像をみることができます。
固定を解除するときはもう一度クリックすだけ。


また、自動的に検索順位の古い画像がリフレッシュされるので、次々と新しい画像が表示されていきます。

リフレッシュをとめるには停止ボタンを、再開するときは再生ボタンを押します。

簡単操作の「AmaColuder」

今後の休日はまったりと画像を楽しんでみてはどうですか?
posted by そらねずみ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

高速・大容量・低価格のパソコン市場の時代に「うちはうち、よそはよそ」の会社事情

会社で使用しているパソコンのCドライブの容量がいつも残量数百MBをさまよっていて非常に心もとないことになっています。

Cドライブが10GBしかなく、WindowsXPのサービスパックやらセキュリティー更新プログラムが適応されるたびにじりじりと容量が減っていくので、あっちのTEMPファイルを削除、こっちのプログラムをアンインストール、Dドライブにインストールなんてことを繰り返しています。

もういい加減フォーマットしようかとも思うけどDドライブも25GBであわせてもHDD自体が35GB程度しかないのでパーティーションひとつにしても遅かれ早かれいっぱいになるなぁという状態。

「じゃぁ、HDDを交換しよう!」と考えたが、今のデータを新しいHDDに移行する手段がない。

古いHDDをUSBで外付けにすると、USBメモリーの社内利用不可のセキュリティーにひっかかる。

データファイルだけでもいくつかのマシンにコピーしてネットワークから復元しようとすると、35GBの古いデータを移動してネットワーク接続できる空き容量のあるマシンはない。

そもそも、固定資産の関係でパソコンの構成を勝手に変えることはやっちゃだめらしい。

もちろん、新機種購入という選択もない。


あー、もう「自分で購入したマシンを使うから」って言うと、これまた情報漏えいの危険があるのでだめだとか。


そんなわけで、高速・大容量・低価格のパソコン市場の時代に「うちはうち、よそはよそ」と言いくるめられ今日も、ちまちまとCドライブの空き容量を広げていたりします。


なんか、こう、びっくりするくらい簡単に容量を空ける方法はないかなぁと、ちょっと調べたら

・システムの復元ポイントを削除する
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0537.html

・システムの復元機能を無効にする
http://service1.symantec.com/SUPPORT/INTER/tsgeninfojapanesekb.nsf/jdocid/20020407222052953

・セキュリティー更新プログラムのアンインストーラー(C:\Windows\$NtUninstallKB823182$みたいなやつ)を削除する

・ServicePackのアンインストーラー(C:\Windows\$NtServicePackUninstall$みたいなやつ)を削除する
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;290402

・仮想メモリをDドライブに作成する

などなど、案外沢山ありました。全部実行すれば、2,3GBは余裕で空きそうですね。

容量不足の問題としてはSSDを搭載したUMPCがもっと深刻ですが、

ちょうどいい本がありました。

UMPCハンドブック―Windows XP SP3対応

「ここまでやるんだぁ」というような技が沢山紹介されています。

SSDの容量に泣いている人は一読の価値ありかも。

posted by そらねずみ at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

HPの新UMPC「HP Mini 1000」が琴線にふれない

11/25にHPからUMPCの新モデル「HP Mini 1000」が発表されました。

HP Mini 1000
http://h50146.www5.hp.com/products/portables/personal/mini1000/

インテルのAtomプロセッサを搭載しOSもWindowsXPに変更してきました。

黒色の基本モデルは12月上旬頃の発売予定で価格は、約5万5000円程度になるとの事。

正直、「HP 2133 Mini-Note」を見たときの「すっごいほしい」という衝撃のようなものはなかったかな。

Atomプロセッサに変更したのはよしとして、
バッテリ駆動時間は約 「2.3 時間 → 約 3.5 時間」1時間くらい増えた
重量は「    約 1.27 kg → 約 1.1 kg」スリム化された
メモリ「最大2GB → 最大1GB」。Vistaじゃないからよしかも
HDDは「HDD120GB → SSD8GBからHDD60GBの3タイプ」。まぁ、SSD選べるのはOK
モニタ「8.9インチ → 10.2インチ」
解像度「WXGA (1280x768) → WSVGA (1024x600)」モニタ大きくなっても解像度は大幅ダウン。

なんだか、特徴がなくなって「丸くなった」た感じ。

「HP 2133 Mini-Note」には東芝のLibrettoL1の時のような衝撃があったけど。

他の低価格パソコンと同列になって、価格も安いというほど安くない(まぁ、またすぐ値下げするのでしょうけど)

これでどう戦っていくのかな?とおもったら、こんな別機種があった

HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition
http://h50146.www5.hp.com/products/portables/personal/mini1000/vivienne_tam/

真紅の筐体に芍薬(しゃくやく)をあしらった鮮やかなデザイン、ファッションブランド「Vivienne Tam(ヴィヴィアン・タム)」とのコラボレーションモデル「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」。

.

なるほどね。たしかに、ただならぬインパクトがあります。


PC onlineでも「日本HP、新ミニノートで著名デザイナーとの共同開発モデル」
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20081125/1009944/

日本HPは、「女性が持ち歩いて友人に自慢したくなるような製品として、彼女と共同で開発した」としている

との記事があった。

UMPCの裾野に女性層を取り込もうということか。

一般的な女性が使うなら、解像度低くしてもモニタが大きいほうがいいかな。HDDよりSSDのほうが安全かもしれないし。

だからイマイチ、男性の自分としてはピンとこなかったのかなぁ。
タグ:HP Mini 1000 UMPC
posted by そらねずみ at 13:03 | Comment(1) | TrackBack(1) | パソコン・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ドコモが「グーグル携帯」 無償ソフト採用、低価格で09年発売

NIKKEI NETより
ドコモが「グーグル携帯」 無償ソフト採用、低価格で09年発売
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081119AT1D140B418112008.html

NTTドコモは韓国の携帯通信大手と共同で、米グーグルの無償ソフトを採用しパソコン並みの性能を持つ多機能携帯電話(スマートフォン)を開発する。インターネット機能を強化し、価格は2割程度安くする。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」などに対抗する日韓初の「グーグル携帯」として 2009年の発売を目指す。国内市場の飽和感が強まるなか、ドコモが同分野で攻勢を強めることで、携帯電話の競争は新段階に入る。

 ドコモは10%強を出資し協力関係にある韓国2位の携帯通信会社、KTフリーテル(KTF)と連携。グーグルの携帯無償ソフト群「アンドロイド」を採用する。端末開発には国内外のメーカーも参加。キーボードやタッチパネルを搭載し、グーグルが提供する検索や動画共有、メールなどのサービスを容易に使えるようにする。

アンドロイド携帯の国内販売のニュースはうれしい限りです。

iPhone vs 日本の高機能携帯

の縮図は、コンセプトに開きがありすぎてどちらにも白黒つけれないのが現状。

一方で、

iPhone , 日本の高機能携帯  >  スマートフォン

スマートフォンの評価は、iPhone、日本の高機能携帯よりも断然低い。

アンドロイド携帯の投入で、スマートフォン全体の底上げを行い、

iPhone vs 日本の高機能携帯 vs スマートフォン

の三つ巴、そこにUMPCもいれて四つ巴の相互アップを狙ってもらいたいものです。

もっとも、アンドロイド携帯の品質は販売当初はそれほど期待できないはず。

発売即買うとはいかないかも・・・。
posted by そらねずみ at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

HPとDellが低価格UMPCで潰しあい。

とうとうDellのUMPCも大幅値下げになりました。

デルがミニノートの価格を改定、最大1万5000円の値下げ - PC online
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20081111/1009590/

2008年11月11日、デルは2008年9月に発売したミニノートパソコン「Mini 9」の価格を改定すると発表した。直販サイトでは11月11日から適用する。
基本構成となるベーシックパッケージが、4万9980円から3万4980円に、1万5000円の値下げ。ベーシックパッケージの構成は、ディスプレイが 8.9型液晶でCPUはAtom N270、メモリーは512MB、4GBのSSD。OSはLinux(Ubuntu)を搭載。

Inspiron Mini 9 ノートパソコン - Dell
http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/laptop-inspiron-9?c=jp&cs=jpdhs1&l=ja&s=dhs

ベーシックパッケージ(Ubuntu対応)34,980円
プラチナパッケージ 49,980円

ヒューレッド・パッカードが、HP2133を15,000円値下げしたのは先月のこと。

「HP 2133 Mini-Note PC」が44,730円に大幅に値下げ
http://skymouse.seesaa.net/article/108770812.html

この時も驚いたが、販売台数世界一のDellもすかさず追従してきました。

「5万円パソコン」は「3万円パソコン」の時代い突入って感じです。

まぁ、世界2強の大手なのでこれくらいはやってもらっていい。

EeePCのASUSやAcerじゃぁ、急激な値下げ合戦には対抗できないので先駆者としてあたらしいビジョンを提案していくのかな。

今後UMPCは、安さを強調するか、小型高機能を強調するかで製品群がわかれるってことですね。

どちらに転んでもいいけどバッテリー駆動時間だけは確保してほしいな。

正直、2,3時間程度じゃぁね。駆動時間が増える分本体重量が増えるのは大歓迎なんだけどね。
posted by そらねずみ at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。