2009年02月11日

夕飯の献立はご飯と焼き魚と、焼き芋


ある日の献立

朝食:ご飯(茶碗1杯)、粉吹きいも(1皿)、ぬか漬け(1皿)
昼食:焼き芋(2本) ふかしたじゃがいも(1個)、りんご(1/4個)
夕食:ご飯茶碗(1杯)、焼き芋(1本)、焼き魚(1切れ)

「食料自給率40%」の日本の現状で、国内生産のみで食事を作った場合栄養価を考慮するとこんなメニューになるらしい。

芋、芋、芋。・・・芋ばかり。

芋 - Wikipedia
芋は澱粉質などの糖質を多く含み栄養価も高いことから、世界には芋を主食としている地域が多数ある。ジャガイモやサツマイモのように、痩せた土地でも耕作が出来ることから、原産地から移出された先で主食作物としての地位を得たものもある。

つまり、食料自給率40%の現状で国民にもっとも最適な栄養を与えようとすると「芋」中心の栽培になるという話。

せめて献立を工夫しようよ!と思うが、調味料も食材なので「味付け」は「食材のもつ本来の味」に頼るしかなく、「切る」「焼く」「茹でる」以外に方法もない。

昼食に芋を3個食べるのはそれだけ日中の方がエネルギー消費が激しいからなのでしょう。朝漬物を食べるのは血圧を上げるためかな?

案外、考えられた献立かもしれない。


まぁ、他にも食べるものはあるが、毎日は食べられない。

うどん:2日に1杯
味噌汁:2日に1杯
納豆:3日に2パック
牛乳:6日にコップ1杯
卵:7日に1個
食肉:9日に1食

当然だが甘いものやらお酒やらは何日待っても食べられない。

子供:「お母さん、お肉が食べたいよー」
母親:「おととい食べたでしょ。1週間後までがまんしなさい」
子供:「びぃー」

という具合になる。

これは

食料自給率のなぜ (扶桑社新書)


で述べられている内容のひとつ。

本書は「食料自給率」について書かれた、いたってまじめな話なのだが、「芋ばかり」の下りで思わず笑ってしまった。

日本国内は飽食の時代なのだが、世界との関わりがないと戦中のような食生活がやっとというレベルなのだなぁと。

食料自給率については、少し前ですが池田信夫さんも記事を書かれていますし、多くの方がコメントを寄せています。
食料自給率という幻想 - 池田信夫 blog

単純に自給率を増やせとはいかないような問題が多々ありそうです。食料自給率についてもう少し知りたいなぁという方にとって良書です。

posted by そらねずみ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114035180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。