2008年08月29日

救世主ロボ「ユーバロット」は地球を守っている場合じゃなかった

asashi.comより
財政破綻…そして鉄くずに 夕張の「救世主ロボ」解体
http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY200808280258.html

財政再建団体・北海道夕張市の観光パーク「石炭の歴史村」で、子どもたちの人気を集めた「ロボット大科学館」の解体が28日始まり、救世主ロボ「ユーバロット」が鉄くずになった。

 同館は88年春、100体以上のロボットを集めてオープンした。老朽化が激しいが、修繕費は計上されず、解体以外に道はなかった。

 ユーバロットは身長12メートル、体重40トン。地球外の侵略者が石炭とシューパロ湖の水でできた新エネルギーを奪おうとするのを、幼い兄妹を守りながら阻んだヒーローだったが、まちの財政破綻(はたん)は阻止できなかった。
 
「ユーバロット」って何?

どうやら夕張市にある「ゆうばりロボット大科学館 」の目玉だったらしい
http://museum-dir.tokyo.jst.go.jp/01-042/01-042.htm

その「ゆうばりロボット大科学館」も現在は休館中とのこと。

休館中というより閉館なんだろうな。

2050年くらいになったら平和な時代の象徴ぐらいには思い出されるのだろうか。

LANDWALKERくらいに心をくすぐるロボットだったら、延命できただろうに。

LANDWALKER
http://www.sakakibara-kikai.co.jp/products/other/LW.htm
posted by そらねずみ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

小学生にO・ヘンリーの「善女のパン」の感想文はキツイ


名作童話の映像・音声絵本を扱うサイト「ふぁんた時間」で、
http://fantajikan.tea-nifty.com/blog/

新美南吉の「ごんぎつね」を聴きました。

さすが名作。涙腺が緩くなりますね。

その感動を夕飯のときに嫁さんに話したら

「まぁ、有名な話だし小学校の教科書にも載っているよね。でも子供が「ごんぎつね」の感想文を描くと

最初、ごんはいたずらをして兵十を困らせていけないと思った。
兵十は病気のお母さんにうなぎを食べさせてやれなくってかわいそうだった。
ごんは反省して毎日栗やマツタケを届けたのでえらいと思った。
でも、最後に兵十に銃で撃たれてしまってかわいそうだった

ってなるよね。」

という話でひとしきり盛が上がりました。

たしかに、先生に「読書感想文はあらすじばかりを書いちゃだめだぞぅ」と教えられました。


話の流れで思い出したのが小学生4年生ぐらいのときにやはり読書感想文を書かされた思い出。

題材はO・ヘンリーの「善女のパン」

魔女のパン(秋桜舎)
http://cosmoshouse.com/works/loaves/loaves.htm

パンやの女将(40)さんが、お客(中年)の一人に憧れを抱く。彼のことを想い想像を膨らませる。
「彼はまずしい絵描きで毎日古くて硬いパンが彼の唯一の食事なんだ」
ある日彼女は、古いパンの間にこっそりバターをぬって彼に渡す。
彼の喜ぶ顔を思い描く彼女。ところがその彼女の前に現れた彼は大激怒。
実は彼は絵描きではなく、建築設計士だった。古いパンは下書きの鉛筆線を消すためのもの。
彼が数ヶ月かかって書いた図面はバターによって台無しになってしまった。




この話の感想文って小学生には難しくない?


せめて、「最後の一葉」とかにしようよ。


だいたい原題の「Witches' Loaves」にしても邦題は

善女のパン、古パン、魔女(たち)のパン、善魔女のパン、いじわるなパン、パンのむだ仕事、パンのあだしごと

と、訳書ごとに困った感じになっているしね。


ところで、感想文のときに読んだ訳書では登場人物の設定が微妙に変わっていて、女主人=アルバイトの女の子。建築家=顔立ちのキレイな苦学生となっていた。



二人はこの後、絶対付き合ったと思う。


posted by そらねずみ at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

Windows Vista Tips:スタートメニューの電源ボタンをシャットダウンに変える


春先に、パソコンの調子が悪くなったことをきっかけに新しいパソコンを購入しました。

この時期にパソコンを購入するとOSは「Windows Vista」ということになります。

これまで、MS-DOSから始まってWindows3.1、WindowsNT3.51、WindowsNT4.0、Windows95、Windows98、Windows98SE、WindowsMe、Windows2000、WindowsXP
と、出ているOSとりあえず買ったり、会社で使ったりしてました。

正直、今はWindowsXPが馴染んでいるのでそれでいいし、

OSが変わるたびに、毎度の事ながら「あの設定どこにいったの!?」を繰り返すのも大変疲れる。

でも、そのうち「WindowsVistaで馴染んでいるのでWindows7なんていらない」って言い出す自分がいるので

しょうがないWindows Vistaもある程度は勉強しておこうと。


で、しばらくWindows Vistaを使ってわかったこと

「Windows Vistaの電源ボタンがスリープになっているのは使いづらい」

スタートメニューを開くと下のほうに電源ボタンが表示されるが、これをクリックしてもスリープにしかならず、
その横にある△をクリックしてシャットダウンを選ぶとようやくシャットダウンされます。

ノートパソコンなのでスリープはパタンと画面閉じるのでこのボタンはやっぱりシャットダウンボタンがいいな。

調べてみるとありました。

Windows Vista の電源ボタンでコンピュータをシャットダウンするように設定する方法
http://support.microsoft.com/kb/937435/ja

・[コントロールパネル]-[電源オプション]-[プラン設定の編集]-[詳細な電源設定の変更]・電源オプション画面で、電源ボタンとLID > [スタート]メニューの電源ボタンの操作
・バッテリ駆動、電源に接続をそれぞれシャットダウンに変更

power.png

これこれ、これです。

一歩、Windows Vistaが使いやすくなりました。

今回参考にしたのは、これ↓
全ページフルカラーで画面ショット付きなのに、2,800円。
900ページの電話帳並みサイズで、わかりやすく解説してあります。
一冊あると心強いかも

posted by そらねずみ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

地デジで一部の放送局が映らない

現在、我が家のテレビは地デジの一部のチャンネルが受信できない状態です。

もちろん、地デジ対応のテレビです。(HDDレコーダーは対応していないので買い換えないと)

江東区のマンションに住んでいるのですが、地デジ対応は済んでいるとお知らせがきたので地デジを受信できるはずなのですが

受信できるのは一部のチャンネルだけ。


ご近所が騒がないところをみると我が家だけの問題かぁ。


江東区にある我が家のマンションはもともと電波状態が悪いので、アナログ放送は全てケーブルテレビから配信されてくる映像を受信しています。
つまり、アンテナ云々はケーブルテレビ局側にあります。それでも地デジを視る場合は地デジチューナーを買うかケーブルテレビに加入してセットボックスを手に入れないと視れないらしいので「CATVパススルー(全周波数変換パススルー)対応」のテレビを購入しました。



結果、NHKとか、フジテレビ、TBSは視れているけど日テレが視れない。


となると、部屋のアンテナ口までは映像がきているけど、そこから室内を引き回しているケーブルがだめなんだろうかと考えてみると思い当たるふしがあります。

実は室内のアンテナ口はひとつしかなく、テレビのBSチューナーとアナログチューナーに分配器で2本に分けて接続しています。

これか?これがだめなのか?

・・・なんて、状態がかれこれ半年くらい続いていて

まだ、危機感がないのですが。

2011年までにはなんとかしなきゃなぁ。
タグ:地デジ
posted by そらねずみ at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

ご当地コスチュームキューピーの最新刊

虎ノ門の「三和鋲螺」さんで店頭販売し話題となった「ねじキューピー」。

そのねじキューピーも掲載されている、ご当地コスチュームキューピーの最新刊が
でました。

ご当地コスチュームキューピー II 完全カタログ855



855体のご当地キューピーが集まっています。

個人的には富山県の「ますのすしキューピー」がよかったな。
なりふり構わない造形がいい。

ところで、ローズオニールキューピーの公式ホームページにキューピーの名前の由来があったけど、キューピッドとはスペルが違うのですね。

ローズオニールキューピー 公式ホームページ
http://www.kewpie-jp.com/syoukai/syoukai.html

『キューピーの名前の由来』

キューピーKEWPIEという名を創作したのもローズオニールです。「ローマ神話に登場するキューピッドCUPIDは、人々のこころにいたずらをするけれど、わたしのキューピーには愛だけをはこんでほしい…」という願いで、KEWPIEという名前を考えだしました。
posted by そらねずみ at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。