2008年07月30日

北京オリンピックで走り高跳びを楽しもう(その1)

NHKスペシャルで見逃してしまっていた番組ですが再放送されます。

2008年7月31日(木) 午後7時10分〜7時59分 BS1
ミラクルボディー 第3回 ハイジャンプ 翼なき“天才”
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080427.html

ステファン・ホルム(スウェーデン)とドナルド・トーマス(バハマ)の跳躍の秘密に科学的に迫る
期待大の番組です。

北京オリンピック前にぜひとも見ておきたいです。
posted by そらねずみ at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

おみくじは原価1円。餃子は原価4円

表題にあるように、おみくじは原価1円。これを100円で売るから大変儲かる

おみくじの原価は1円!―時代を超えて生き残るビジネス (宝島社新書 261)


なぜ100円かというと、おみくじを自動販売機で売る時に以前50円で売ったら両替の人が沢山窓口にやってきてしまい、かえって人件費がかかったので100円にしたそうです。
つまり、50円でも十分利益がでるのを経費削減のもとに倍額で売っても売れるというは「濡れ手に粟」の優良商品であり、「おみくじは100円」と市場価格を意識付けたことが戦略として大変すばらしいとのことです。

さらに、「1杯390円のラーメンで儲かると思いますか?」という問いに対して

儲かります。答えは「餃子」です。一般論ですが、工場で大量生産される餃子の原価は1個3円程度。
調理するガス代などを含めても4円くらいです。それを、このラーメン屋さんでは1皿160円で販売しています。1皿5個入りなので、お客さんは安いと思いますが原価は20円なのです。
餃子は低単価でありながら、原価率12%そこそこという、実に儲かる商品なのです。

このように、「集客商品」(=ラーメン390円)と「収益商品」(=餃子160円)の2つがあるので390円のラーメンでも十分に儲かるとのことです。

あー、そうなんだ。知らなかった。


ラーメン屋で食べる餃子好きなんですよねぇ。まぁ、がっつり食べて儲けてもらってそれが味にフィードバックされればうれしいですけどね。


posted by そらねずみ at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「ウェブ時代をゆく」でたるんだ気持ちに喝を入れる

図書館で本を予約すると、入荷直後に予約できないとずいぶんと長く待たされることがあります。
この本も半年待たされ、すっかり出遅れてしまいましたが、とりあえず感想のみ。

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)


能動的に働きかければ必ず何かが返ってくる「能力の増幅器」たるウェブ進化
を前にしたとき、「働き者」と「怠け者」の差は大きく増幅される。「働き者」タイプの人は、
それほど案ずることなく「けものみち」をすいすいと歩いていけるのではないか。

大変勉強になりました。気を引き締めなおそうと改めて思いました。

著者が述べている「ウェブに可能性を期待するならば、ウェブ・リテラシーを持とう」という点。簡単にまとめると
  • ネット世界の仕組みを完璧に理解しよう(ざっとじゃなくって完璧に)
  • サーバーやサイトを構築できるようになろう(無料ブログじゃだめだよ)
  • あらゆる点に独学で挑めるようになろう(解決法を探せる力)
  • バーチャル経済圏を体験しよう(アフィリエイトがばんばん売れる)


「構造を知り、実践し、問題解決力を磨き、利益を上げる」

ということでしょうか。


「ただ勉強をするのではなく、ビジネスをする」感覚なんですね。

これまでの「技術力を磨いて今後のビジネスに備えよう」という姿勢ではぜんぜん足りないんだなぁとおもったわけです。

posted by そらねずみ at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

崖の上のポニョ。主役は「海と魚」

崖の上のポニョを観た。

ponyo.jpg

映画を観たというより、絵本を1冊読んだような後味。

宮崎駿監督が「海」と「手書き」にこだわった作品。

延々と、海があって魚がいる。

荒れた海、凪いだ海、昼の海、夜の海、海の中、海の上

大きな魚、小さな魚、黒い魚、金色の魚、跳ねる魚、漂う魚。

この物語の主役はポニョでも宗介でもなく、「海と魚」

登場人物や背景、ストーリーはすべて「おまけ」

ポニョも宗介もリサもフジモトもすべて「おまけ」

「おまけ」だからメッセージ性もエンターテイメント性もない

ただ、様々に動く「海と魚」を「書きたい!」という一念の作品。

「手書き」で描くことで無駄な反射やグラデーションを作画せず、ひたすらに動くことを目指した。

それを観て楽しむ作品。

ポニョの可愛さだの、宗介のひたむきさだのに目を奪われたり、意味不明のストーリーの解釈なんか放っておいて

まぁ、じっくりと彼らの周りに常に存在する「海」と「魚」を観て楽しみましょう。

とっても、すばらしい作品だと気づきますから。


posted by そらねずみ at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

エンドが変形したくらいで廃車になんてさせません!



昨日のつづき。

フレーム一体成型のエンド部分が変形したルイガノ「LGS-SIX」。

馴染みのサイクルショップの店員さんから廃車宣言をされ、とぼとぼと帰宅しました。


なんとかならないものか・・・。


パーツ個別に組み上げた車体であればフレームだけ交換するというのもありかもしれないのですが、LGS-SIXはそういうのではなく、普通にサイクルショップで購入した車体です。

正直そこまでしてLGS-SIXにこだわってはいないわけです。



けれど、LGS-SIXは初めて自転車面白いなぁと思えた車体でもあるので愛着は相当あります。

箱根とか、東京湾一周とかもしましたし、季節ごとに東京の街を走りました。

東京マラソンで市民ランナーが「東京の街を走る醍醐味」を語っていましたが、LGS-SIXでは当たり前のように日々体感しています。

つまり、そういう思い出諸々がある車体であり、まだまだこれからもっと走るつもりでいたのにというキモチが湧き上がりすっごく悲しくなってしまいました。


そんな状況で新車のカタログなんて見る気にもなれないし。

ただ、ぐるぐると考えていました。


とりあえず選択肢を整理したけど、どれもしっくりこない

  • LGS-SIXのエンドを力技で元に戻し、変速機を交換する(1.5万円くらい、ただし完治ではない)
  • LGS-SIXのフレームを交換する(3万円くらい?)
  • LGS-SIXを廃車にして新車を購入する(予算8万円くらい)

結局、変形の規模と廃車が対等でない感じがして嫌なんですね。

たとえば、フロントがぐんにゃり曲がるくらいに衝突したとか、フレームが1cmも歪んでいるとか、そういう「これはしょうがないなぁ」という段階まで破損しているなら納得できるのですが、ほんのちょっとエンド部分が変形しているだけにしか見えない。なのに廃車って、そりゃないでしょ。ってことです。

そう、ただエンドが変形しているだけ


・・・だったら、変速機を取ったら走れるんじゃない?


自転車の構造はよくわからないのですが、後輪の変速機がつけられないならつけなければいいんじゃないだろうか、
ひょっとしたら、前側の変速機だけでも残るかもしれない。

早速サイクルショップに電話してみると。

店員さん「できますよー、昨日お話した方法ですよねぇ」

自分「え!?・・・あのー、昨日伺ってました?」

店員さん「はい、ダメもとで修理するか、新車と交換か、あと無変速にするかということでしたよね。」

あー、そういえば話をしたかも。そんなに動揺してたのかぁ。さすが店員さん、ちゃんと選択肢を提示してくれいていました。

自分「わかりました。ではこれから自転車もって行きます」

ということで、変速機を取っ払って無変速にするとこになりました。ただこのままだとチェーンが張れないため、変速機のところにガイドレールのような
ものを取り付けてチェーンを張っています。

残念ながら前の変速機だけ残すってことはできないみたいですね。

工賃は全部で8,500円です。十分です。

結局、今の自転車の利用方法は自分の通勤か、東京近郊の街乗りが中心なので変速機がなくてもそこそこは問題ないだろうということになりました。
長距離はさすがに無理ですが、もともと長距離用の車体ではないのでいずれロードレーサータイプを購入したいと思います。(先日パソコンを購入したばかりなので当分無理ですけど)

ギアは多少重めにしてもらったので、スピード感が残り案外快適です。発進時や坂道の上りはけっこうきついですけどね。(もう九段下の坂は上れないなぁ)

でも満足しています。


教訓:自転車を買うときは壊れやすい部分を聞いて、そこが交換できるようになっているかを確認しよう!
posted by そらねずみ at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。