2008年02月29日

「西暦が4で割り切れる閏年はオリンピックとアメリカの大統領選挙があります」でいいじゃない


今年は閏年。

4年に一度のこと。

閏年は
西暦年が4で割り切れたら閏年。ただし、西暦年が100で割り切れると閏年じゃない。でも、西暦年が400で割り切れるならやっぱり閏年。
と、ちょっとややこしい。

西暦2000年は4で割り切れるので閏年、100で割り切れるので閏年じゃない。でも、400で割り切れるからやっぱり閏年。

ということで、閏年になるそうです。

これを面倒に思って、「4で割り切れたら閏年でいいじゃない」と考える。

次に来るのは2100年の「4で割り切れるのに100で割り切れないから閏年じゃない」スペシャルデー。

でも、とりあえずそんな先に生きてはいないだろうから、あんまり困らない。

ましてや、西暦2000年のような特殊な閏年がくるのは次は西暦2400年。

じゃぁ、もう、ゆとり教育の円周率みたいに「4で割れたら閏年」のみで覚える。

むしろ、「閏年はオリンピックとアメリカの大統領選挙があります」と関連して覚えたほうが「閏年の計算式」を覚えるよりよっぽど役に立つ。




・・・でも、お金貰って閏年を扱う人はちゃんと覚えてくださいね。

あ、自分もですね。
posted by そらねずみ at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

iPod touch OS 1.1.4リリースもバグフィックスのみ。




2月も残り3日となってリリースされたのはiPod touch OS 1.1.4。

「あれ、SDKは?」

肩透かしを喰らった感じです。

OS 1.1.4はバグフィックスのみだそうです。まぁ、Safariが若干早くなったり、URLでバックスペースを入力するとSafariが落ちてしまう問題が解消されたのは、一歩前進といったところでしょうか。

2月も残り2日。

このままシラを切るのか、「閏年スペシャル」を放つのか。要注目です。
タグ:ipod touch
posted by そらねずみ at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

「ギャップ」が「魅力」のフライングピッグ


先日、家にやってきた「フライングピッグ」。

羽が生えるだけで、なんとも愛らしく見えるので不思議だ。

羽がなければただの「ブタ」。造形もリアルなので見る人によっては「不気味」とも思える。

それが背中にちょこんと羽がつくだけで「リアル」とミスマッチして愛らしく見えてくる。

仮にこれがデフォルメされた「ブタ」+「羽」だと一気にキャラクター化されてしまうので、子供向け玩具になるのだろう。



「ギャップ」が「魅力」となる。




確かに、「ギャップ」を持っている人とは一緒にいても楽しい。
posted by そらねずみ at 12:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

両国湯屋の「江戸遊」で岩盤浴にまったり−その2


さて、昨日の続きです。

岩盤浴「白珪房」はさっぱりしたが、作務衣は汗でびしょびしょになっているので、2Fの大浴場に向かいしました。

5Fから2Fまではエレベーターで移動。はて、この「動線」はどうだろう?

普通に館内着で移動している人と同じエレベーターを使うとなるとちょっと恐縮してしまうぞ。
なにせ、こっちは汗びっしょりであちらはさっぱり。今回はたまたま人が少ないのでよかったけど混雑時は大変かも。

2Fに戻って、岩盤浴の作務衣を脱いで、いざ浴場へ。まず目に入るのは「赤富士」。たぶん葛飾北斎と思います。
黒を基調とした落ち着いた雰囲気の浴場に富士山の赤い色が映えます。

お風呂はちょっと熱めの湯と、丁度よい湯の2つ。ジェットと寝湯がありました。他にはフィンランドサウナと黄土サウナが
あります。自分が一番気に入ったのは「ミストシャワー」です。胸の高さあたりに左右に5つずつシャワーの噴出し口が
着いています。ボタンを押すとそこから一斉に「ミスト」が吹き出ます。全身に柔らかな霧が包まれる感覚は新鮮で楽しい!

さて、ぼちぼち温まってのぼせてきたので上がることに。そのとき、ふと出口付近に小部屋が。
小部屋にはベッドが2台。なんだろう?と思って近づくとそこは「アカスリ」でした。

おぉ、アカスリ。いいねぇ。

これもやったことがなかったので早速フロントに電話してお願いすることに。

「30分で4200円です。」

(うぅ、高いなぁ)

「あ、はいそれでです。お願いします。」

なるほど、時間無制限で入浴できるということは、その分お金を落とす確立があがるわけね。

まぁ、初めてのことなので話のネタにでもと待つこと2分くらい。おばちゃん登場。?韓国の方かな。

「い!痛い!!」

忘れていた。アカスリは痛いのだ。ごしごしと容赦なく擦られる。すねやモモの外側などは気持ちいよいのだが
内側に入るとこれは痛い。でも結構、垢がでる。これは止めてもらうわけにはいかない。
「痛いけど、垢も落ちるし絶対血行がよくなるはずだ」と念じながら30分耐えました。

「はい、お疲れ様」

30分後、いやぁすっきりした。あれだけ擦られたけど肌が赤く腫れたりしていない。さすがだ。当たり前か。

そんなわけで、汗も垢も沢山落として、もうこれ以上ないくらいさっぱりし1日でした。

その後、茶所でお蕎麦を食べたのでお会計は7,000円。ちょっと高くついたけど岩盤浴だけなら値段はお手頃。
また来たいなと思いつつ、江戸遊を後にしました。

posted by そらねずみ at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

両国湯屋の「江戸遊」で岩盤浴にまったり−その1


プラスストアのリニューアルが一段落したので、気分転換に以前から気になっていたいた、両国湯屋の「江戸遊」へ行ってきました。

http://www.odm.co.jp/saladbar/tokushu/tokusyu12/edoyu.html

昨年の12月14日にリニューアルOPENした「江戸の銭湯の風情を極上リラクゼーションとともに愉しめる当世流SPA」とのこと。

場所は、JRや大江戸線の両国駅から徒歩で行ける距離です。自分は自転車で行ける距離でした。

11時過ぎに到着。オープン直後なので人も少なめです。入り口は小奇麗な番台といった感じがします。

入館料は大人2,300円。さらに「岩盤浴」の施設利用料が込みです。しかも時間は無制限。

他にも安い施設はありますが、時間無制限でこの値段なら納得でしょう。

岩盤浴は専用の作務衣、タオルが渡されます。つまり、男女一緒ということです。

これが嫌という女性はいるかもしれませんが、カップルで一緒に入れるというのは嬉しい限り。

早速、着替えて岩盤浴「白珪房」へ。男性の場合、着替えと浴場は2Fにあります。女性は4Fです。岩盤浴があるのは5F。

- 白珪房 - 
中国遼寧省から産出される遼寧石を私用しています。遼寧石は石英やゲルマニウムの成分を非常に多く含み、遠赤外線の反射率が高く、マイナスイオンも多く放出します。
さらにゲルマニウムの効能で体内の老廃物・毒素・余分な脂肪などを大量の汗をかくことで体の外に排出してくれる作用があり、体を心からあたため、疲労回復、美肌作りに効果があるとのことです。

時間も早いせいか、約20床に2,3人しかいません。フロントでもらったタオルを敷いて仰向けに。

「はふー」

じんわりと背中から熱が伝わってきます。室内のスピーカーからは鳥の鳴き声とせせらぎの音が。

久しぶりに、まったりとした時間が流れていきますね。よいものです。

サウナと違って汗があまりでません。20分経ったので一旦休憩しに外へ。

休憩室でミネラルウォーターを飲んで再び岩盤浴へ。

2回目はすぐに汗がでてきました。でもまだサラサラはしていないですね。汗は止まらなくなってきました。

その後、休憩を取りつつ4回入りました。4回目になんとなくサラサラした汗にかわってきたような。



でも、もう限界。のぼせそうなので岩盤浴はこれまで、次は大浴場だ!
posted by そらねずみ at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_02.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。